土. 6月 22nd, 2024

業務の方式には、リーダーの役割を定めて行うリーダー業務というものがあります。いつリーダーに入れるのかに、明確な基準はありません。

主任などから推薦をされてなることや、勤続年数や立場などを見てリーダーになるということもあるそうで、勤務先ごとに何をもってリーダーとするかの基準は違っているそうです。やりたくないのに任されることもありますし、逆にリーダーをやりたくてもできないということもあるそうです。

後者の場合は、どうしたらリーダーになれるのかということを、直接上司に聞いてみても良いかもしれません。 リーダーの仕事は様々あります。スタッフ全体をまとめることや、他の部署とのコンタクトをしっかりとること、新人の指導など、他にも臨機応変な対応が求められてきます。

当然ですが、上記を行いながらでもプロジェクトの進行状況の把握やリスク管理等も欠かせません。

リーダーになるという事は今まで与えられた仕事をこなすだけだった立場が、全体を見て指示を出す立場に変わらなくてはなりません。

また、もしプロジェクトリーダーなどを目指すのであれば、エンジニアの基本的なスキルを取得しておく必要があるでしょう。エンジニアに求められる基本的なスキルに関しては下記サイトからも確認が可能ですので心配な方はしっかりと確認をしておきましょう。

エンジニアへの転職ロードマップ!

By admin