土. 6月 22nd, 2024

高性能なコピー機は現代のオフィスに必要不可欠な存在です。ただ、購入する場合には高額の初期投資が必要となるため、オフィスに導入する際にはリースを活用することが一般的です。この場合には月々一定額の使用料を支払うことになるのですが、購入する場合よりも財政面を圧迫する可能性がはるかに低いうえに、使用料を経費として計上することができます。また、固定資産税を支払う必要もなければ、減価償却の手続きを行う必要もありません。そういったことから、リースを選択する企業が多いのですが、中にはレンタルという形でオフィスに導入する企業もあります。コピー機を借りるという点ではどちらも同じなのですが、この二つの方法の違いは契約期間の長さと、借りることのできるコピー機の種類の多さが挙げられます。リースは契約期間が3年や5年といった場合も多いのですが、レンタルなら例え一日でも利用することができます。しかし、中古機器を主に扱うレンタルの場合には機種選びの自由度がないのです。その点、リースならば最新機種のコピー機を使用することができるというメリットがあります。

By admin