土. 6月 22nd, 2024

額縁をハンドメイドするワークショップで出会った「額装」は、思いの他、私自身の創作意欲を刺激するものでありました。日本では「額装」を日常的に楽しむ方はめずらしいかもしれませんが、ヨーロッパ地方においての額装は、生活の一部的な要素でもあるようです。日本に住居する西洋人のお宅を訪問してみると、壁一面に所せましと飾られた写真、イラスト、ポップアート、絵画などを目にすることがありあmすが、彼らは、その1つひとつに込められた思い出話を披露することに楽しみを覚えているようです。日本では、和室のリビングなどに亡くなったご先祖さまの遺影を飾る習慣などがありましたが、似たような光景であるかというとそうではないような気がするのは「額装」のもつ力なのではないかと考えております。額装は、そこに収められた作品や写真などを、うまく演出しながらその部屋の空間に彩りを与えてくれるものであります。昭和世代に和室に飾られていた先祖代々の遺影の写真も額装がうまく演出効果を発揮していれば、私たちも、もっと違った感覚で遺影に接していたのかもしれませんね。和室に飾られた先祖の初心は、子ども心には圧倒される感覚があったのを覚えていおります。

By admin