火. 2月 27th, 2024

神奈川県の川崎市には、川崎のソウルフードともなる風変りな担々麺があるそうです。たっぷりのニンニクと辛味の効いた唐辛子の効いたスープには、溶き卵が加えられ玉子の甘味が唐辛子の辛味をソフトにしてくれているのだそうです。四川風などと呼ばれる担々麺の見栄えとは、若干異なるようにも見えますが、外見上は使われている素材は「溶き卵」と「ごま」以外は、ほぼ四川風担々麺と似通っているようにもみえます。その味わいは皆さんがご想像されるようなものだとは思われますが、溶き卵が入っていることで、おそらくは老若男女、辛味がニガテな方にも安心してお召し上がりいただけるのではないでしょうか。川崎のソウルフードには、川崎大師でおなじみのくず餅屋、とんとこ飴などもありますが、ラーメンのサイドメニューとして知られているのが餃子の味噌だれであるようです。一度食べたらやみつきになるなどとも言われているようですが、最近では全国の餃子フェスなどにも参加されているようです。またオリジナルの餃子の味噌だれが、川崎土産などとしても購入することができるようですので、一度は味わってみたい変わり種でもありますね。川崎では溶き卵が入り、胡麻が入っていない担々麺が主流として普及していることから、エリア外で担々麺を注文した人が、四川風担々麺などに驚かれることなどもあるようです。まさにご当地フードならではですが、担々麺に溶き卵とは、川崎の人々は辛味に弱い傾向などがみられるのでしょうか。こちらの溶き卵を使ったラーメンは新宿でも楽しむことが出来るようです。一度は味わってみたい興味深い庶民派ラーメンです。

By admin