火. 2月 27th, 2024
「ギックリ腰」

「魔女の一撃」などとも呼ばれている「ギックリ腰」。これまでの人生のなかで、予兆もなく突然激しい腰の痛みに襲われたという方もいらしゃるのではないでしょうか。「ギックリ腰」の腰の痛みは魔女の一撃と呼ばれるに等しいほど多くの方が、激しい痛みを訴えることが多いとされているようです。「ギックリ腰」が起こるシチュエーションとして患者さんたちが述べるところによりますと、「重い荷物を持ち上げようとした瞬間」「デスクの下に落ちたものを拾おうと腰をかがめた瞬間」「ゴルフのスィングの練習中」「後ろから人に呼びかけられて振り向いた瞬間」など、それまでには激痛が起こる予測など頭の隅にもよぎらなかったという方が多いようなのです。

「ギックリ腰」の前兆

突然、急激な腰の痛みに襲われる「ギックリ腰」。皆さんのなかにもこれまでに「ギックリ腰」の激しい腰の痛みをご経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。「ギックリ腰」は、突然激しい腰の痛みに襲われるものの、大抵の場合は一週間ほどいたしますと自然治癒してしまうと言われているようです。痛みが発生した直後は、歩くこともままならず、場合によっては呼吸するだけでも腰の痛みに影響するなどと訴える方もいらしゃるようですが、しばらく無理をせずに安静にしていれば痛みの程度は自然に軽くなってしまうことがほとんどであるようなのです。「ギックリ腰」が起こってから、突然の腰の痛みが襲ってきたと述べる方が多いようなのですが、慎重にこれまでの状況や前日までの体調変化を思い返してみると、実は「ギックリ腰」が起こる前には、何かしらのサインがあるとも考えられているようです。普段の生活のなかで感じる腰や背中のハリや違和感などに、「ギックリ腰」の前兆があらわれるとも言われているようなのです。

椎間板ヘルニア

「椎間板ヘルニア」は、その特徴として一般的には腰にしびれるような激痛が走るなどと言われているそうです。朝の洗顔など、前にかかがむような姿勢をとることで激痛が走ると言う人びともいるようなのです。さらには長時間のデスクワークやくしゃみなどによってその痛みが倍増するなどと言う人びともいるようなのです。場合によっては痛みによって身動きができなくなる人がいるとも言われているようです。通常の日常的な生活にも支障が出ることもあるとされ、どちらかというとシルバー世代というよりも20代~50代の年齢層に多くみらられる症状ともされているようです。椎間板ヘルニアの患者さんが病院で検査などを行うとMRI画像などで「ヘルニア」を確認することができるようなのです。

By admin