日. 4月 21st, 2024
子供の愛着障害のおもな原因

子供の愛着障害には、様々な原因があります。一番の要因は愛情不足ですが、不十分な養育も原因となります。不適切な養育や明らかな虐待がなくても、養育者が精神的な問題を抱えていたり、長期間施設で育ったり、母性的な世話を十分に受けられなかった場合にも愛着の問題は起こります。さらに子供の愛着障害の原因は、養育者側だけとは限りません。子供自身に自閉スペクトラムなど発達の特性があると、他人との交流を求める力が弱くなります。周りの人間に甘えたり、困ったら頼ったりということが上手くできず、他人との関係性の中で安心を感じられなくなってしまうのです。他にも、家庭の経済的なゆとりのなさや、周囲に構ってくれる人が乏しいことなども原因となり得ます。

大人の愛着障害にはどのような特徴があるのか

愛着障害は子供がなるものだと思われがちですが、実際には大人でも経験することがあります。大人の愛着障害は子供のケースと少々違う点があるので、特徴を知っておくことが大事です。まず、幼少期に経験するものと違って複数の要因からこれを経験している可能性が高いと言えます。他の精神疾患や人間関係、発達特性などのあらゆる要素が絡み合って起こっているケースが多いため、解決も一筋縄ではいかないことが多いです。また、明らかな原因がなくても大人の愛着障害になることがあります。親に甘えられなかったなどの問題が、大人になってから愛着障害という形で顕在化することが多いです。年齢を重ねると原因などが異なってくるので、より冷静に分析して問題を解決していく必要があるでしょう。

愛着障害のセルフケア方法とは

養育者との間で上手く愛着が形成されない愛着障害は、情緒や対人関係に影響を与えるものです。
他人との距離感や自信などに問題があらわれますから、愛着障害を持ってしまうと、何かと社会生活で不便を感じることが多くなります。
形成されなかった愛着を育むのは難しいことですが、セルフケアで愛着障害と上手く付き合ったり、愛着障害が引き起こす問題を乗り越えることができます。
愛着障害のセルフケアでポイントとなるのは、ありのままの自分を受け入れて認めること、そして少しずつ焦らず自己肯定感を挙げていくことです。
愛着が安定している人は一緒にいて安心感が得られますし、対人関係や距離感などの勉強になるので、そういう人を探してお手本にするのもおすすめです。

By admin